FC2ブログ

Lunaria

ゲーム制作日記とキャラチップ素材公開。DLの際、報告代わりに拍手ボタンを押してくださると大変嬉しいです☆

もうこの案件もこれで最後です。

新設キューブクエストの案件ですが、もう2度と書くまい、と思っていました。
が、状況が変わったのでこの記事を本当に最後として書きます。






一言でいえば、案件に勝利しました。

しゃけさんに謝罪させていただいたのですが反応がなく、
新ブログに逃げているとのこと。
ひとからの連絡を蹴り飛ばしておいて逃げたということは、
うしろめたいことがあったからなんでしょう。
うしろめたいことがなかったにしても、
謝罪を受け取る意思がないととりました。

また、そもそもしゃけさんからの言い分は、
しゃけさんのサイト上で書かれているだけで、
実際にしゃけさんから直接どうこう言われたわけではありません。
なので、謝罪を受け取る意思がないとなると、
こちらとしても重く受け止める必要を感じません。
少なくても、直接言われたわけではないものをこちらは謝っている。
でも、反応しないとなれば、ホウレンソウができていないと言えます。
しゃけさんの対応は大人としてどうかなと疑います。
そもそも当事者のしゃけさんではなく、全く関わりのない第三者が
知らせてきた時点でどうかと思います。

まずここで勝利一件。
しゃけさんはこの案件を放り投げたととらえます。



そしてアンチwikiですが、
人づてに『ドコモのスマホによる書き込みを全面規制した』と聞きました。
これは、不特定多数の人がアンチwiki及びその管理人に対して
都合の悪い書き込みをしていたからだと思いますが、
さすがに乱暴な対応のように感じます。
というのも、普通に考えて、個人のIPアドレスを規制する程度ならまぁよくある話です。
しかし、不特定多数をまとめて全部規制する。ということは、
悪意のある書き込みをした人以外も巻き込んで規制していることになります。
今の時代、スマホから書き込むこと自体珍しいことでもないでしょう。
それにドコモのスマホなんて範囲は雑に広すぎると感じます。
そんな場所で自由に意見交換されるとは到底思えません。

それに、そもそも規制するだけで、
『規制対象となるような書き込み自体は削除せず野放しになっている』
とも合わせて聞きました。
その中には、本件となんら関わりあいのない
私の一次創作のサイトまで晒されているとも聞いています。

ここまで読んでくれた皆さんならわかると思いますが、
どう考えても関係のない内容のコメントは消すべきです。
であるのに、削除せずにいるというのは、管理能力を疑います。
wiki運営をするだけの能力がないのでは?

関係のない荒れた内容を消すなんて、今時の小学生でもわかることです。
それをやらないのは管理者の能力不足か怠慢です。
まぁ、能力不足でしょう。
ドコモスマホからの書き込み規制も踏まえてみても
時代に取り残された人物だなと感じます。

アンチwiki管理人は古代のG(ゴキ○リ)かなんかなんでしょうかね。
随分wiki消せだのコメント欄閉じろだの叩かれてたそうですけど
それでも死なないなんて、古代G並の生命力です。

あるいは脳みそがダチョウ並にしかないんでしょうか。
原始人か何かでしょうか。
あ、だからこの令和の時代についてこれないんですね!!

と、まぁ、これも規制をしたけど管理せずに逃げたってことで私の勝利です。
アンチwikiには直接関わってませんでしたけど。
アンチwiki管理人様、管理って言葉知ってます?
ずいぶんそこで叩かれてたそうじゃないですか。

関係ないのに偽善者ぶって言ってきたくせに、
自分は都合の悪いことに対して何もしないんですね。矛盾してません?

結果的にしゃけさんにもご迷惑かけてるじゃないですか。
Twitter垢バレされたのにそのコメント消しもせず規制だけかけた。
いいんです? しゃけさんの垢バレですよ?

そもそも中立の立場じゃなくwikiを作る時点で頭おかしいです。
ここにきて、しゃけさん側を守るでもなく
かといって私の味方になるわけでもない
一体何のためのwikiなんでしょうね?
誰の味方もしていなく、
注意喚起だけしてるみたいなことだけ言ってるのっておかしくありません?
意味不明ですよ。
もしかして、ただ状況をかき乱して面白がってるだけですか?
だとしたらですけど、ひととしても最低ですね。


というワケで、勝利二件め。
ドコモのSPモード全面規制した時点でお前はもう負けている、
アンチwiki管理人。
リベンジしたけりゃSPモード規制取っ払ってからこい。



以上です。
これ以上書くのは時間の無駄なのでやりません。


スポンサーサイト



たにツク関連雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<失声症、治りました! | HOME | なんでまたこの話題で……>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |