FC2ブログ

Lunaria

ゲーム制作日記とキャラチップ素材公開。DLの際、報告代わりに拍手ボタンを押してくださると大変嬉しいです☆

勇者オム・ライス&勇人と零。

まずはここからでしょう。
真・零EDについての語りも含め。



いつの間にか勇者になっていた、のがライスですよね。
本人にその気はないのに勇者になっていた、という。
それを重荷に感じるようなら不幸だったでしょうが、
ライスはご存知の通り軽いところがあるので
幸いでした。
王女であるパンナを嫁にするにあたっても
ちょうど良かったんじゃないかなーと。
ハーレムEDも許されるでしょう。

対して勇人はというと真面目で一途、
相当苦労してます。
零は私を元にしているので心身ともに病弱なのです。
元気なのはプリキュア変身してるときだけっていう……
あ、ワールドトリガーの那須さん思い出した。
病身だけどトリオン体のときは元気という。

ライスはどうとでもとらえられるキャラクターだなーと思います。
軽くてもシリアスでも。
ライスでなければハーレムEDも真・零EDも成立しなかったかと。


真・完全版の付属のメモにも書いてるんですが、
私はライスは普通に好きです。
特別な感情、夢女子な感情はありません。

でも私から独立した零はライスを愛してるんですよね。
このあたり私としても複雑です。
分身だったはずなんだけどなぁ……。
まぁその流れが自然になるように
究極版ではふたりの距離が近付くようにツクりましたけど。

輝月零・分身のご乱心、とでもいうべき内容だった気が。
ともかく真・零EDは私の意思で出来たものではないです。
私から独立した零というキャラクターが起こした奇跡です。

トゥルーEDを見るためには真・零EDを見る必要があるワケですが、
これは2への布石です。
2の主人公が勇人、ヒロインが零なので、
そうせざるをえなかったというか。

まぁ究極版はともかくとして、2をプレイしてくれるひとは
そういないと思っているので。
ひとりでも増やしたいな、という我儘です。


次はパンナについてでも語りましょうか。


スポンサーサイト



たにツク関連雑記 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<薄幸のヒロイン、パンナ。 | HOME | お仕事がひと段落つきました。>>

この記事のコメント

こういう時だからこそ生存報告は大事です。街中では厳重な対策が施されていますが、何とか頑張っていますので、この一ヶ月乗り切っていきたいです。執筆で稼げるプロだなんて凄いです。
変身すると強いけれど、普段体力が無いのは、今回のプ○キュアがまさにそんな感じですね。

周回をも超えて瞬間移動やパワーを駆使しすぎた結果、新説零さんが倒れてしまい、逆に今度はライス達がアイテムを与えて助けに回る…。改めて話を振り返ると過労編から、助けられてばかりだったライス達と対等になったのかもしれません。そして、創造神との戦いで初めて同じ仲間として共闘へ…!

オム・ライスは聖なる木のイベントでご先祖さまやキクマサムネ関連が語られたりと、イヤン戦の前までは今一つだった彼も強くなったかなと。というか、原作だとイヤンの間に入ってから覚醒するので本当変わりますね。
さらに新説ではテルマサムネ入手もラスボスだけなので、普段のどこか優柔不断?で頼りないライスと、勇者ライスの変化が強調されていると思います。
ハーレムになったことでますます重要キャラクターになったアイスの存在も大きい。義姉なのでw

パンナの感想も待っています。特に変化が大きいキャラ?なので、楽しみにしています。
2020-03-03 Tue 19:17 | URL | トリポ #-[ 編集]
文章のお仕事といっても薄給なので、えばれたもんではないのですが。
あぁ、確かに普段は体力ないけれど変身すると強い、のは、今年のプリキュアっぽいですね。
私とワートリ民なのでつい那須さんを思い浮かべてしまうのですが。
ライスイベントのお褒めありがとうございます。
作った甲斐があります。

しぱらく時間があるので、パンナの感想も書けると思います。
面白いかどうかはわかりませんが、
お待ちください。
2020-03-03 Tue 20:18 | URL | 輝月零 #dJ2qx4D.[ 編集]
零の存在は確かに過労編から始まっていたのかもしれません。零の存在を認めて下さりありがとうございます。
ライスたちのために身を削ってでも行動しようとしていた彼女は確かに私ではありません。
私でも気づかなかったことに気づかせていただきありがとうございます。
2020-03-03 Tue 20:42 | URL | 輝月零 #dJ2qx4D.[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |