Lunaria

ゲーム制作日記とキャラチップ素材公開。DLの際、報告代わりに拍手ボタンを押してくださると大変嬉しいです☆

女傑と少年、みたいな。【2014/10/26やや修正】






先日、珍しくグラ作成作業生放送とかやってましたが
(何年か前にキャラチップ作成はやってましたが立ち絵は初)
その完成品です!

私が立ち絵を創る=必ず誰かしらのたにツクキャラなワケですが、
はい、これもそうですw
その回答および、過程その他の語りは追記にて。


女性バージョンと男性バージョン……なのですが、
女性と少年ってカンジですね。

当然、女性版を創ったあとで思い立って
下の少年版を作ってます。
少年版は、服を変えて調性して
あとはまつげとリップを消しただけというお手軽品ですが(

そんなお手軽品はともかくとして、女性版。
わりとシンプルながら、
個人的にかなりお気に入りの出来ですw

凛々しく美しく色っぽく誇り高い女傑!
……みたいな雰囲気になった気が勝手にしてますw


双子キャラとか、男装してるとか、
使い方は色々あるかと思われますのでご利用いただけましたら!!


前二つの立ち絵共々、
後日顔グラとキャラチップをうpさせていただきます。
今は企画などで立て込んでいるせいで、
今月末以降になりそうな気配ですが……orz



追記でいつもの長語り&ファイドラ制作日記。



上記グラは、わたくしは個人的にこう名付けております。


フラットさんとフラットくん。



はい、というワケで、『ザベルは何処へ消えた?』をプレイされた方は
ぴんと来たのではないでしょうか。
『えらばれし魔法剣士』より、主人公のフラットです!


女性版は、ザベルでのキャラチップ準拠。
私の方であれを参考にした新たなキャラチップを作成するつもりです。

…………私、あのキャラチップが女性(胸がある)ということに、
生放送でコメントいただいて初めて気づいたんですよね…………(遠い目)


あれが女性グラだということに
プレイされた方はどうやら大体気づいてらっしゃる可能性が高そうなので、
ザベルでのグラはやはり女性=夢世界のフラットは女性。
という解釈で突き進んでみることにしました。

僕っ子女性ですよ!! しかも凛々しい女剣士!!
なんてオイシイ!!(


原作でも男性と明言されている箇所はないですし、
『FF8?』のくれないのように、実は女性、とすることも出来るかな、と。

ザベルでどうしてあのグラが使用されていたのかはわかりませんが
(以前色々質問したときにわかってれば聞かせていただいたのに……っ!)
原作でのグラ(改変されてたとは思いますが……)が、
『男性グラに間違われやすい女性グラ』だったからではないかと。


しかしまぁ、ザベルにしたところで、現実世界では普通に男の子グラなんですよね。
だから『夢世界では』というのがつくワケなんですが。

じゃあ、フラットは女の子になりたい願望がある男性だったのか?
……ということになってくるのですが、
はい、このあたりも、このネタが浮かんだときに一気にかたまりました。

ネタバレになるので詳細は書けないのですが、
ただ一言、『女性願望がある男性だった、ということではない』
とだけは断言しておきます。


少年版グラを創ったのも、色々な都合から。
これももちろんお遊びではなく、ちゃんとゲーム内で使います。
夢世界では女性という解釈なのでは? なぜ少年姿が?
……という疑問の答えは、ゲーム本編で明らかになります!(

早いところ制作に本腰を入れたいですね。
アユラ実況を終わらせた上で構想を練り、
さらに必要素材が揃わないと無理なんですけども(苦笑)。


フラットについては一気に色々決まってしまい、
しかも最重要キャラの一人になってしまいました。
もはや主人公の一人に数えてもいいくらいですが、
まぁ、逆に鍵になりすぎていますし、
状況が少々トリッキーになっているので、今の構想の位置がいいのかも。

……いやー……魔法剣士2人、
さすがにレギュラー入りはないかと思ってたんですが、
入ることになってしまいましたねぇ……(遠い目)。
もういいですハラ決めましたorz


レギュラーメンバー20人というとんでもないことになってますが、
なんとかこれでやっていこうと思います。

私の場合、これでイベント作るのはそんなに困らない
(むしろ楽しい)んですが、
戦闘とかね……素材の用意とかね……(ふっ)。


スポンサーサイト
VX対応立ち絵 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【そらまにぶろぐ様対応】アレン君です!【差分&完全版追加しました】 | HOME | 大チョンボにもほどがある。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |