Lunaria

ゲーム制作日記とキャラチップ素材公開。DLの際、報告代わりに拍手ボタンを押してくださると大変嬉しいです☆

ザベル実況、終幕しました。

実に三年半近くぶりとなってしまいましたが、
本日付けでUP完了させていただきました。

突然かつ、長の中断となってしまい、本当に申し訳ありませんでした。
そして、この作品と、作品を創って下さった作者様に、心より感謝と感動を。







本当に本当に、ありがとうございました!!



色んな語りは追記から。
実況中断理由の詳細、ザベルへの思い、たにツク界隈への今の思い。
それらすべてをここで書き記しておこうと思います。



ザベル実況をアユラは実況と平行して投稿していた当時、
非常に悩んでいたのが自分自身の実況力のなさでした。

今でも生放送などで面白い話が出来てるとは思えないんですが(苦笑)
当時は、動画を見に来て下さった方に、内容のない実況聴かせているのが
何かすごく申し訳ないなぁ……と、
ちょっと思いつめてしまっていたところがありました。

アンチコメとかに真剣に悩んでいたこともありましたね。
私自身、自分の声があまり好きな方ではないので、
余計に色々と考えてしまったところもあります。

しかしどう頑張っても私自身のトーク力が上がる気がしなかったので、
これはもう人様のお力と企画性に頼るしかない!
……と、ザベル・アユラ共に、共同実況にしてしまえば面白いかも!
と思い立って、オンライン越しでの収録方法だの環境だのと戦ってるうちに
ザベってしまったという……orz


あのとき、すんなり共同実況出来ていたら、たぶん足を止めることなく
そのまま走り切っていたんだろうなぁ、と思います。


けれど年数が経ったからこそ、なところも個人的にはあるような気がしてます。
たにツク界隈は今でも途切れることはないものの、
当時に比べれば随分と静かになってしまったなぁ……と。
エターなってしまったリメイク作品も何編かあるようで、寂しい限りです。

そんな中、ザベルの幕引きから私の表立った活動を再開出来たのは
私としてはとても幸せなことで、
今のたにツク界隈へほんの少しでも貢献することが
出来るのかもしれません。

一時期ほどではなくても、確かに続いているたにツク世界。
決して消さないようにしていきたい、いかなくちゃ、と思います。



三年半という間、『ザベルは何処へ消えた?』という作品を
終わらせずに来たのは。
もちろん実況の状況やその他の環境的・時間的問題もありましたが、
もしかしたら、私としては、
この物語を終わらせたくなかったのかもしれないな……と思います。

けれど終わらせなければならない。
終わらせなければ前へ進めない。
本当にこの物語が好きであるなら、きちんと、幕引きするべきだと。

終幕した今、胸にぽっかり穴が開いたようで、ちょっとぼんやりしています。
泣きたいような。そうでもないような。

それくらい、このザベルという作品は、
私にとってものすごく大事で、大好きで、
そして私の創作の方向性を決めてくれた。
大げさにいってしまえば、私の人生に影響を与えたと言っていい作品です。


終幕の実況が基本的に真面目かつ、つい黙り込みがちになってしまったのは、
もう、なんというか、言葉が出なかった。

けれど立ち止まらず。
ここからは、私が物語を創っていかなければと、思います。


幸いなことに、ザベルからいくつかネタを拝借することを
作者様に許可をいただいてますので(よくわかるのがアインのグラ)
ある程度の繋がりを持った上で創れますし、
この寂しさはその原動力なのだと思うことにします。

ザベルのみんなに会いたければ、自分で会いにいけばいいじゃない!
……ということで!
あぁ……ゲストキャラが絶対増えるな……(苦笑)。


改めまして、言葉に出来ず溢れるばかりの感謝と感動を。
本当に本当に、ありがとうございました。



さて、ここからはアユラはの方の実況を進めていきます。
その間制作方面の作業は中断してしまいますが、
やや駆け足で来月中には実況完結させたいと思いますので、
そこから後は制作に集中できるかと思います。

本当は今月中に完結させるくらいの勢いでいきたかったのですが、
別の実況企画が持ち上がったため、今月はそちらを始動・完結させる予定です。
念願の共同実況予定ですが、詳細は後日!


素材作成については実況しつつもちょこちょこやっていくつもりですので
どうぞよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
たにツク関連雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大チョンボにもほどがある。 | HOME | 拍手返信です!と軽く状況報告。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |