Lunaria

ゲーム制作日記とキャラチップ素材公開。DLの際、報告代わりに拍手ボタンを押してくださると大変嬉しいです☆

新生・某キャラ。(美形剣士、のはず)【Ace】

美形剣士   Goro単品


オマケで顔グラ。水の精霊さんを元に色・衣装を変えたり色々やりました。


顔グラにコートを着せてくれたのはのんびりまったり様のももぺさんです!
すっかりご無沙汰してしまっておりますが、
いつも本当に本当にお世話になっておりますm(_ _)m


そこから色替えをさせていただいたのが上のブツです。
元は別キャラのものとして創っていたんですが……
美少年として使用して違和感のないグラが、まだAceの出ていなかった当時、
これくらいしか思い当らなかったという……orz

結果的には使用予定キャラの雰囲気と上手く合ってくれた気がするので
結果オーライですが。

今ならAceもありますし、ももぺさんのところに素敵な顔グラが
たくさんあるので全然困らないですね!
素敵素材をお探しの方は、
この記事か右端のブログリンクからぜひ!(*>ヮ<*)ノシノシ


この顔グラ基準でキャラチップを作ったんですが、
前髪の仕上がり具合と髪の色合い(自力で作りました)が気に入ってますw

うちの作品では美少年剣士として使う予定ですが、
キャラチップが大人っぽく仕上がったので、青年としても使えるかも。


うちで使うものなので、斜め歩行・倒れグラ・俯きグラも作成しています。
当然、とあるたにツクキャラとして作ったものですが……
斜め歩行グラおよび、その正体グラは追記から。



お化け

はい、おばけです。


たにツク内ではなかなかの人気を誇る、
中身はイケメンなお化けコス少年・さとうごろうちゃん。

以前のバージョンのお化け姿が怖いと動画コメで言われてしまったので、
極力ツクール2の元グラの雰囲気を出せるよう
とことんこだわって作り直してみました☆

歩かせてみると、おててが滑らかにぴこぴこと動きます。
なかなかラブリーになったと思うのですが、いかがでしょう?



そして中の人とあわせた、
斜め歩行および倒れグラ&俯きグラつきがこちら。



ごろうフルセット

※こちらの素材はvibrato様および、のんびりまったり様の
素敵素材を使用・合成・加工させていただいたものです。

仕様素材元内訳は、

お化け歩行:VXのみ
お化け倒れ:VX&Ace
中の人歩行:VX&vibratoさん
中の人倒れ:VX&Ace&のんびりまったりさん

となっております。

VX・VXAce両方の素材を使用しているものの場合、
ご利用は双方の登録ユーザー様に限ります。


素材をご使用いただく際は必ず上記条件を満たす方で、
それぞれの素材サイト様二か所の規約をよくお読みいただいた上、
うちを含めた三つの名義・URLを明記の上でお願いいたします。




と、注意書きはここまでにして、
この丸二日、取りつかれたようにひたすらこれの斜めと倒れを作ってました。

いやー、ちょこっとは苦労しましたが、
それ以上に本当に楽しかった!!゜+。(* ′ ∇`)。+゜


中の人の真ん中倒れを作ったあと、
俯き表現のためにその下を作ったのですが……
偶然、半目のグラが出来上がり、これはいいとそのまま完成させてみました。

うずくまる→立ち上がる→目を開ける

という使い方が出来るなぁ、と思わぬ新発見!
しかもうずくまるグラ(AceでRTPはすべて網羅されてる)さえあれば
簡単に出来るというお手軽さ!!


キャラチップ作成の波が来ているようなので、
ここまで来たらとことんやろうかなぁなんて思ってます。
まだまだ必要なものありますし。

………………一番大変な作業はキャラチップじゃなく、
顔グラの整理整頓と調整と収集(やり直し分もあり)なんですけどね(遠い目)


まぁこの分だと顔グラにもさくさく取り掛かれそうな気がするので、
頑張ろうかな。
作業の合間にスクリプト探しとかBGM発掘とか挟めば結構いける気がします。


BGMはすでに大量の手持ちがあるにはあるのですが、
まだまだ突き詰めたいこの情熱。
容量度外視でひたすらハイクオリティを探求。
モチベ維持にはより良いBGMが絶対不可欠なので!

うちの作品、動画も入る予定なので、たぶん完成品の容量は
GBいくと思います…………(- -;;



そんなこんなで、出来たてをうpしてみました。

少し前に作っていたブツがひとつあるのですが、
それは斜め・倒れが出来上がってから公開しようかと思います。


スポンサーサイト
たにツク対応VX素材 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<びっくりしたことと、素材の利用とか無断使用とかに対する見解。 | HOME | 生きてました!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |