Lunaria

ゲーム制作日記とキャラチップ素材公開。DLの際、報告代わりに拍手ボタンを押してくださると大変嬉しいです☆

物語とキャラクターを創る、ということ。そして今後。

ファイムル製作、素材製作の再開目処がつきました。

本編というか、宣伝的なものをちょっと作ろうと思います。
これでとっかかりが出来た!



タイトルの本題は追記で。






P.A.S.廃業。



正直いつ潰れるかと思ってたので、不思議も驚きもないのですが……
かれこれ10年近く(1・2年ブランクもあるけど)慣れ親しんだ場所。
やっぱり、ショックでした。

アルカナの特別テイルだけほしいな、とはすごく思いますが、
ほぼ諦めてきました……(苦笑)。


幸い私はまだ新作入金してなかったので(貧乏万歳)
被害はアルカナF本と特別テイルだけですんでます。

UGCF本も、特別テイルは魅力的だなーと思ったんですが……
何せ相当な赤貧だったのと、
そんな状態で無理しなくていいかと申し込まなかったんですね。

うん、まぁ、なんとなく虫が知らせたってのもあったかも……。
アルカナF本が来てなかったからさ……。






初参加のときからこれまでのことが、走馬灯のように頭をよぎったり。

うん。苦しいこと大変なことが多かった。
でもそれと同じくらいの価値ある『何か』をもらった。



PBMでしか得られない『何か』を感じて、それを得ようと求めて
ずっと走ってきました。
その『何か』が何であるかがわからなくて、でも確かに追いかけていて、
それを知りたかったんだろう。


PBM幕引きとなった今。
それが何であったのか、ようやくわかった気がする。



結局のところ、私は『自分一人では作れない、動かせない世界・物語』
を求めてたんだと思います。

もっと踏み込んで・噛み砕いて言えば
『作者の意思以外で動く生きたキャラクター、物語』を。



小説などの創作では、基本的に作者一人がすべてを動かします。
どんな理不尽も作者の手で通してしまえる世界。

でもそれじゃ書いている私自身も楽しくないし、
何より良いもの(これは作品を見てくれたひとが評価するものですが)は
創れない。


PBMに出会って、私はたぶんそれに気づいたんだろう。
だから、『修行』ということでずっとPBMに携わってきたんだろう。


『対話出来るキャラクター、一緒に物語を作れるキャラクター』を
創れるようになりたかったから。
友達にも兄弟にもなれるキャラクターが、私はほしかったんだと思う。

その点でPBMはキャラクター創り、物語創りはもちろん、
イラストなどの修行にもなった。
いろんなことを考えさせられたし、いろんな布石になったし、
友人も増えた。


私がPBMに疲れてきて、今度の新作で幕引きを決めていたのも、
対話が出来るキャラクターを創れるようになったから。なんだろう。


金色のアルカナロード終了時にPBM引退しようかと思ったのは
疲れたからというのもあったけど、
たぶん修業課程を終了したからだったんだろうな。

でもまだ心残りや遣り残したことがあって、
卒業研究的な意味でUGCXXに参加。

そして今度の新作を、卒業式か卒業旅行にしようとしてた。ってことかな。

最後にどうしても二人、舞台に立たせてあげたい、
思い切り冒険させてあげたい子が二人いたから。
そして最後に、ただ純粋にゲームを楽しみたかったから。

それをラストランとして、PBMの幕引きにしようと思っていました。



そのラストランの舞台がなくなってしまったワケですが、
幸い代わりの、かつ最高の舞台を見つけました。
近日中に走り出しているはずです。

少し長いラストランになるかもしれません。

初めて挑む場所なので、まだどうなるかわかりませんが……
でも心残りを昇華出来そうだと思いました。


おそらくこのブログ記事で
ラストランの模様を公開することは出来ないと思います。

生放送ではちらほら語りそうだし、SSは書くかもしれませんが
時間的・精神的な余裕を考えると報告はしない気がします。
静かに走りたい、というのが一番の理由かもしれない。






最後に。
P.A.S.社員、テラー、ユーザーの皆様、これまで本当にお疲れ様でした。

今まさに騒動の最中なわけですが、私からはただ、
この言葉を私の企業PBM活動の幕引きとして、ここに筆を置きます。



本当にありがとうございました。


スポンサーサイト
PBM・PBW日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<走り始めてますよ! | HOME | どうしても書きたくなったので、SS。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |