Lunaria

ゲーム制作日記とキャラチップ素材公開。DLの際、報告代わりに拍手ボタンを押してくださると大変嬉しいです☆

I1・Q1登録PCの設定UPしました☆

ルナも大幅に追加があったので(ほとんど関連PC様)改めてUPしました!
今回は特性値・技能値も合わせて紹介してますので、よろしければごらんください☆

エリィとセティパパがまだデザ画描けてません(汗苦笑)。エリィは今描いてますので、あがり次第追加します♪

黒死陽父娘については、デザ画が上がり次第設定をUPします。……次回のテイルが来るまでに出来るといいんですが(汗)。いや、やると決めよう、うん。



追記は経緯説明と語り。






アスティとエリィ……実に紆余曲折あり、アスティなんかO1へ登録したときから数えると全部で四回設定を作りました(苦笑)。といっても、だんだん変化・追加修正していったものなので、そう労力はかかってません。手間はありましたけど(苦笑)。見返してみると変遷が面白かったり。


かなり前に、O1登録前に仮でUPしてた設定と見比べてみると面白いかもですね。細かいところが変わってるのがわかるかと。


宮廷から離れると決めた時点で、よし、魔導士に出来る!と喜んでました。スタマニを見てて、いいなーと思ったのは魔導士と双魔剣士だったので。竜魔剣士も。やっぱ魔法のエキスパートって大好き……vV 魔法剣士かっこえー!!と。

で、エリィはどうにもおてんばに大剣振り回してるイメージが強くて(いまだ抜けてません・苦笑)じゃぁ竜魔剣士かな、と考えてました。

しかし再登録先、最初はA1で考えていたので、A1で動くことを考えると、あー月光門の魔導使えると便利だなぁと思い。それで変更。双子揃って魔導士になりました。

A1ではなくQ1へ行き先変更したときも、それで確定したままだったんですが……まぁ色々とあり、双魔剣士に転向。A1仕様で考えて、そのまんまで固めたまんまにしてたことにはっと気づきました……ナゼそこに気付かんかった私よ(汗)。気付けてよかったです。

元々気になってましたしね。魔導士でも武器修練つけてたので、能力的にはたいして変化がない、どころか良くなった気が。設定的にも元々軍役についてたので、全然苦労なく転向出来ました。そもそもQ1いくんだったら、うのち子の場合は双魔剣士の方が動きやすいかもですね。突撃タイプだし(笑)。つーか、ほとんど双魔剣士に近い設定だったしなぁ。いっそ自然にまとまった気がする。てかかっこよくなったかもしれない。


しかしアスティ、一体どうしてこんなに色気の塊になったのか……(苦笑)。デザ画に描いてるドレス姿。あれがぱっと浮かんだあのときからか。もともと『色気ある女装美少年』設定でしたけど、マジで女の子になって色気が三倍増しになった気が……もちろんのーみそ内でのイメージで、ですけど。

艶っぽいなんて生易しい表現じゃ足りなくて、妖艶なんて言葉を使っちゃったよ。男なら誰でも~云々とか書いてちょうど良くなっちゃったよ(苦笑)。お色気担当のはずのルナを超えたよ……! たぶん今までのうちのPCで一番色っぽいです(爆)。

……よもやアスティが。あれだけ、イラスト描くときに色気出すのに試行錯誤してたアスティが(美少年には色気がなくては!と頑張ってました)。つーかそもそも、ロマブレで君を生んだときにはイケメン青年騎士をおっかけることになるなんて夢の夢にも思わなかったぞ……(苦笑)。


けど、よく考えたら結構自然なことでもあったんですよね。ふと気付いたのです。ロマブレでオシラを思って自身を投げ打って動くアスティと、アルカナでスカイフォールを追って走るアスティと。あ、同じだ、と気付きました。だから「本来のアスティに戻った」と感じたんだなーと。

ロマブレでも、幼い頃からオシラに憧れてたんですよね。今回はこれが国ではなく人になったというだけで。……うーん、そうかー、オシラを愛する気持ちって恋に近かったのか(汗苦笑)。


私的所感を語ると、スカイフォールは好きです。てか、ここに来てイケメンを出してくるとは反則だと思いますPASよ。顔的にも設定的にも一番かっこいいんじゃないのかこのひと。素直に男前だと思います。たとえ中身がヘタレだったとしても、冷たい対応をされたとしても、おっかけますよえぇ!(爆)

実際どんな性格なのかなー、と今から楽しみだったり。とにかく難攻不落そうなのは目に見えてますが……果たしてライバルさんが何人来るんだ……(遠い目)。

何人いようと退きませんけどね。おっかけるかぎりは全力投球します!


某親友は、スカイフォールをおっかけるという文面を見たとき「ナニを血迷ったんだ」と思ったそうですが……(笑)。「よっぽど相手がほしかったのか」とか。あはははは、そうか、血迷ったと思われたか(笑)。


別に血迷ってはないですよ。まぁ確かに、相手が見つかるかどうか不安だったってところも皆無ではないですが。今回のアスティは愛に走ってるイメージがどうにも拭えないし。

でもおっかけることになるNPCってのは、どうにも吸引力があるもんだし(えぇ、それを感じたので、迷いつつも決めました)。それに、女の子アスティってかなり年上の相手に惚れそうなんですよね。どうにも、同年代の男と結ばれる気がしない……年齢よりかなり大人だからだと思うんですが。同年代の男だと、子どもっぽく感じそう。
私はそう思うよアスティ。君は大人の恋愛をするタイプだ。駆け引きとかしてそうだ。

……だからといって、実父と全く同い年な相手ってのはどうなんだってツッコミもありますけど(笑)。

セティパパ、29歳なんですよねー……いやセティパパが若すぎる(だって13の時の子だもん)のであって、スカイフォールとアスティがとんでもなく歳離れてるわけじゃないんだ。まぁ一回り違うけど、それくらいなら許容範囲だろう。29と16だし。わかってるんだ。でもなんだかなぁ(笑)。



はてさて、ルナのアクトやらなくちゃ……書けばいいだけなんだけど白紙だし(汗)。
スポンサーサイト
その他雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アクトが進みません。 | HOME | 『桜華の星姫』 エリティエール・サラ・リリト(Q1)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |