Lunaria

ゲーム制作日記とキャラチップ素材公開。DLの際、報告代わりに拍手ボタンを押してくださると大変嬉しいです☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『桜華の星姫』 エリティエール・サラ・リリト(Q1)

エリィデザ画


エリティエール・サラ・リリト Eritiere sala Lilit


サラは母の名であるサラティエールから。
愛称・エリィ―――親しい相手は大抵こう呼ぶ。

月光門の双魔剣士(本来は名門華族の令嬢・征王配下/東征竜軍の癒し手兼切り込み隊長)
出身地・天京(上京) 6月生まれ・16歳・女・ヒト族
身長・160cm 体重・45kg 靴のサイズ 24.0cm
髪の色・桜色(淡く優しいピンク。膝まであるゆるやかな巻き毛ロング)
瞳の色・エメラルドサファイア(エメラルドとサファイアを混ぜたような鮮やかな青緑)
肌の色・透けるような白

印象―――華やかながらも清楚で優しく温かい小さな聖母
体格―――手足が長くしなやかな細身。胸も適度にあるが、清楚な印象。
服飾特徴―――桜の刺繍が入った白い千早(巫女装束)を動きやすく改造して着用しており、革手袋と膝上丈のロングブーツを着けている。
いつもどこかに鈴を身に着けているため、歩く度しゃんしゃんと鳴る。

髪の両側に連なる華やかな紅い大輪の生花(アギレキアに似た花)を飾って香水代わりにしているのが印象的。
これは密かにザフラの異父兄を思ってのもので、アスティとお揃いでつけている。
花の下両側につけている髪飾りはアルナルージュからの贈り物で、何よりの宝物。

双魔剣は美しい細工の細身の長手槍(手槍と長槍の中間)で、帯に柄をさす形で背中に装着している。

明るくもふんわりとした柔らかい雰囲気の絶世の美少女。双子の姉のアスティと瓜二つの顔。
舞踏会ではシェフィールド風の愛らしいふわふわとした純白のドレスを着る(リリト家ではドレスが正装)。

(口調)
一人称・エリィ(公の場ではわたくし)  二人称・貴方、~様/~さん(相手の身分による)
口調・「~です、~ですか?」常に丁寧な少女口調。「~ですっ!」と元気良く無邪気に話すことが多い。

口癖・「エリィはみんなみんな大好きです。だってその方がみんな幸せですもの!」―――弾ける笑顔で。
「アルナ様、大好きっ!!」―――こう言ってアルナルージュに抱きつく。
「アルナ様はエリィが守ります!」―――凛と槍を構えて宣言。あるいは他の女性に目をつけられたときに宣言(笑)。
「アルナ様のお嫁さんになるまで、エリィは死にません」―――戦場へ出るとき、決まって微笑んで言う言葉。


(特性値)

意思(6)逆境に負けない頑固な火の玉娘。
感受性(6)気持ちを察して気遣う。
筋力(2)可憐な少女。
敏捷性(4)一通りの立ち回りはこなす切り込み役。
知性(3)天然なところアリ。
機転(3)とっさだと戸惑ってしまう。


(技能)

竜呪(1)力より技を勉強。
双魔剣(4)身軽さを活かした槍術。
魔導(月光門)(7)優秀な癒し手。剣技の補助にも使う。
星見(1)星に語り掛けるように。


(性格・自由設定は追記)
(性格)
キーワード―――天真爛漫・母性・純粋
いつも明るく元気一杯、そこにいるだけで周りも明るくしてしまう。
他人の気持ちを察してすべてを温かく包み込むような母性に溢れた優しい美少女。
しかし意思は強く、逆境に負けず、いざとなれば凛と立ち向かう強さも併せ持っている。
かなりパワフルな面があり、一度決めたらてこでも動かない。『思い込んだら一直線』な火の玉娘。

他人を心底から恨むことがほとんどない。それは無垢だからではなく、それだけ慈愛の心が強いから。負の感情は辛さと悲しみを生むだけで何もいいことはない、だから自分は自分の幸せのために目の前の人々を愛するのだ、といつも言っている。

今は一時的に庶に下っているとはいえ生まれ・育ちは華族であるため、普段の立ち居振る舞いは優雅で可憐な令嬢。


(生い立ち・立場・夢)
名門華族・リリト家の出で、現在は庶に下り双魔剣士として軍役についている。アスティスは双子の姉。
姉ほどではないが聡明で、姉をも凌駕する魔導の資質から10歳で魔導舎に入ってたった一年で卒業してしまった。
その美しさと魔力の高さ、そして全てを包み込んでしまうような優しさ明るさと星見の力から『桜華の星姫(おうかのほしひめ)』と異名をとる。
『類い稀なる双子の美姫』として姉と共に名が知れている。

幼い頃から兄と姉が大好きで、特にずっと一緒に生きてきたアスティに対する思慕はとても強い。
エリィの雰囲気やペースに回りも引き込まれてしまうところがあり、最初はギスギスしていた相手もいつの間にか仲良しになってしまっている。

西軍にて飛竜の騎乗を許されるほどの名を上げてきたが、昨今東軍の武将アルナルージュに一目惚れしてしまい、以来東軍へ移りアルナルージュの部下として働いている。
現在は上司と姉共々休暇中。実家の要請を受けてマリーテレーズ姫が出席する舞踏会に赴く姉にくっついて舞踏会へ出ることに。
アルナルージュも舞踏会に出席するとのことで、一緒に踊れる!と喜んでいる。
また、他の女性に目をつけられてはたまるものかと、傍にぴっとりくっついて離れないつもりでいるのだとか。

姉と共に『成人するまで』という条件で家を出ているので、そろそろ帰らなければならないのだが、姉が帰るまでは自分も帰るつもりは毛頭なく、また、家には帰らずこのままアルナルージュの妻になりたい、なってみせると意気込んでいる。
彼の妻になってたくさん子どもを生んで、幸せな家庭を築くのが夢であり目標。


(余談設定)
魔導舎を卒業してすぐ、従兄の武将であるルシフェル・レイザ・エルシード(A1PC)がいる西軍で軍役につき、従兄の部下として働いてきた。
魔導舎に入った当時から『魔導士として魔導を極めるより接近戦にも対応出来るようにしておいた方が良い』とのアスティスのすすめから、双魔剣士になることは決めていた。

西軍にいた頃、アスティと二人で連携して動いた作戦で大変な戦果を上げたことがあり、それから飛竜の騎乗を許されている。
愛竜の名は『ルーチェ(光の意味)』。アスティの愛竜『ニュクス』と一緒に生まれた漆黒の雄竜で、アスティと共にタマゴのときに拾ったものを育ててきた。
現在は休暇中であり飛竜は軍事行動にしか使えないため、軍に飛竜を置いてきている。

家に帰るにしろアルナルージュの妻となるにしろ軍を退役しなければならないため、別れが近づいているのを寂しく思っている。


(関連PC・NPC)
アルナルージュ・ソルヒメル
最愛にして絶対のひと。『アルナ様』と呼ぶ。出逢ったのはまだ最近。
姉と共に飛竜に乗って東軍の様子を見回りにきた際、突風にあおられて落竜。そのときに受け止めて助けてくれたのがアルナで、そこで一目惚れした。
以来、彼のお嫁さんになるため日々奮闘している。

「絶対に、好きって言わせてみせますから。覚悟しててくださいね」と、愛らしく上目遣いに顔を覗き込んで宣言している。


アスティス・セイ・リリト
心底敬愛する双子の姉。『お姉様』と呼んでいる。
ずっと姉の後ろについてくるようにして生きてきたが、それは甘えからではなく、頑張りすぎるところのある姉を支えるため。
幼い頃からスカイフォールを追いかけてきた姉の姿を誰よりも知っており、なんとしても幸せを掴んでほしいと願っている。自分に出来ることがあるなら何でもするつもりでいる。


マリーテレーズ姫
国のために生きなくてはならない境遇を心底気の毒に思っている。『マリー姫様』と呼ぶ。
せめて心にかなう相手と結ばれてほしいと願っており、友人になって支えてあげようと思っている。


スカイフォール
姉にとって絶対の、最愛のひと。姉について何度か顔を合わせているため顔見知り。『フォール様』と呼ぶ。
なんとしても姉と結ばれてほしいと思っており、自分も傍について彼のためひいては姉のために働こうと心に決めている。


スポンサーサイト
PC紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<I1・Q1登録PCの設定UPしました☆ | HOME | 『烈華の陽姫』 アスティス・セイ・リリト(Q1)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。