Lunaria

ゲーム制作日記とキャラチップ素材公開。DLの際、報告代わりに拍手ボタンを押してくださると大変嬉しいです☆

アルカナFイベレポート・後編!

続きを書くのがすっかり遅くなりました(汗)。

全身筋肉がはってたらしく(今日接骨院いってきて判明)おかげでものすごく
疲れやすくなってたようです。二月中の無茶が原因か……。


あ、中編で書き忘れていましたが、オフィシャルF本の特別テイルは
すでに書きあがってるようです。
川津テラーがさらりとぶっちゃけてました(笑)。
いや、ルナの設定を一応もっていったら、あ、ごめん、もう書いちゃったーって(笑)。

色々と資料を集めて書いてくれたそうです。うわー手間かけてるよ(汗汗)。
……私信送れなくてすいませんでした……(涙)。

特別テイルが書きあがってるなら、
夏までに届くかなぁとちょっと期待してますww






さて、この後編はO、A、Iのテーブルでのことを書きます!






Qのテーブルに名残を惜しみつつ(あとで戻ります!と言って離れた)
Oのテーブルへ。
初回だけとはいえ参加したし、テイルコピーももらったし、
Iのアクトのことで如月テラーにお伺いの私信も書いたし。
何より特別テイルの一本でタイルーを指定したので、やはり一言ご挨拶にと。


挨拶したら、テラー+そこのテーブルの参加者様(約四名)の視線が
いっせいに胸元に集中してビビリました(笑)。
いや、襟元中央につけてる名札を見てるのはわかってるんですが、
視線の集中先が胸元っていうのはやっぱり落ち着かなかったですね(苦笑)。

ひじょーにびみょーな参入をした私について某姉が説明してくれ(ありがとう)、
なんとか話が通り、自作F本を配布。
さらに知り合いのパッセさんが椅子なんて持ってきてくれちゃったもんだから、
まともに参加してないのになぜかOのテーブルで座ることに(爆)。

話内容はヨウシンについてとか、ティホゥについてとかをちょこっと聞きました。
もし参加続行してたらあれはうちのが殺りにかかってましたとか
(爆・PCの目的にしてたからなぁ……)。
まともな参加してないのになぜか話が出来る自分に、あれー?(笑)
うっかり居座っちゃいそうだったので、適当なところで席を立ってAへ。


パッセさんが一人しかいなくて、アルカナの話もしてなかった気がするんですが
(苦笑)とりあえず渕上テラーとパッセさんにF本渡して、
活躍させていただいたお礼を述べる。

そして、やはりどうしても一度直に尋ねずにはいられなかったため、
ロマブレのときの一件(アスティの件)について質問。
そういうときの対応とか、PBMでの活躍についてとかの話を聞く。
結局アルカナAでの話は、ルシルがガラキドに斬られたときのことくらい(苦笑)。

あれはルシルが武将としての立場を利用してアクトをかけていて、かつ、
ガラキドの性格からすると自分の手で斬るだろうというところからだったようです。
でも死んじゃマズいだろうということで助かったと(笑)。

立場や肩書きってやっぱすごく重要ですね……。特にアルカナはそうだったなと。

Aは挨拶と質問だけで立ち去るつもりが意外と話し込んでしまいました
(途中で椅子を差し出されちゃいました・苦笑)。
でもアルカナの話は半分しかしていないという(爆)。



最後はIへ帰還。午前の部は20分くらいしか参加出来てないので、
まともに話せてなかったので。
でも最後というか、実はこのIのあとで最後にQへ戻るつもりが
時間切れになったという(苦笑)。


質問については前編記事で語ったとおり上手く逃げられちゃいましたが
(そして美貌に負けてわざと逃がした私・爆)
かわりに面白い質問を投げかけてくれました。
もしもPCがヒト族だったらとか、性別が逆だったらとか。

ルナの場合は、『もしもヒト族だったら』『女だったら』
『セティが養父じゃなかったら』といったところでした。
それで想像していったら、ルナって一番過酷な環境設定で
登録しちゃったんだなとものすごく反省(苦笑)。

女だったらもっと周りに甘えてたし、ヒト族に生まれてたら幸せに暮らしてたし。
セティが養父でなければたぶんくっついてたし。

…………ごめんルナ(涙)。つくづくごめん。
やっぱり君を苦しめたのは私だ(号泣)。
君に対して無知すぎた親を許して下さい(涙)。



逃げられつつも(爆)テイルの内容については二つだけ聞けました。
一つめは、三角関係関連のハンデ云々とかは全く考えてなかったということ。
これについては私のアクトをかける際の考え方が一番の要因だろうなと
Fイベ前に思ってたのであぁ、やっぱそこかと自分で納得。
当たり前ですけどね(苦笑)。でも流れが悪かったのも事実ですが。

二つめは、ラストでルナが
『周りを信じて頼れるようにならないと駄目だ』と気付いたのは良かった、と。
天野テラーとしてもそこに気付いてほしかったそうです。
あぁ、だから終盤のアクトの結果は迷走してたのね、とこれまた納得(苦笑)。


Iでは、とにもかくにもおつかれさまでした、な雰囲気だったかなーと思います。


あ、ジュミさんとの、芽吹きについての電波会話を
テラーに話したらウケてました(笑)。



ルナ「なージュミ、芽吹きってどうやればいいんだ?
   俺今まで使ったことないんだよな」

ジュミ「なんとなくですよぉ、ルナ兄さん☆」

ルナ「そうか。わかった(頷く)」



ちょっと待てーい!な内容ですね(笑)。なんとなくって答える側も側だけど、
それでわかったんかいルナ!!!(笑)。

まぁきちんと話を聞くと
「『なんとなく』ってことは、つまり頭で考えるんじゃなくて
感覚で使うものなんだなってわかった」
とルナから返答がきて納得しましたが。

でも上記のやりとりはどうかと思う(笑)。
ザフラって感受性馬鹿高いから、みんなこういう電波会話出来そう……(笑)。
きっと頭にアンテナが立っててピピピ電波を受信できるに違いない!(爆)


そんなワケで、ジュミさんのログのメモ欄には
頭にアンテナ立てたルナを描かせていただきました(爆)。






完結編に続きます! ラストはプレゼントゲームと新作告知についてです☆


スポンサーサイト
テイル感想,・アクト | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アルカナFイベレポート・完結編! | HOME | アルカナFイベレポート・中編!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |