Lunaria

ゲーム制作日記とキャラチップ素材公開。DLの際、報告代わりに拍手ボタンを押してくださると大変嬉しいです☆

第八回・九回I1!

結局書きたくなったので、今書くことにしました(苦笑)。

……寝不足ケテーイ(遠い目)。



見返したところ、Qは八回感想書いてあったんですね。
書いてないかと思ってた(苦笑)。
いつものごとく複数枚記事で……さすが最愛リード(笑)。

残ってるのは八回AとI、そして九回分ですね。
確認したところで、八回・九回のI1感想まとめていきます!





そもそもなんでIの感想を書いてなかったかというと、はい、
ぶっちゃけかなり腹に据えかねておりましたもので(苦笑)。
PCさんがどうとかでなく、テラーの采配に対して。

後から思い返せば、そりゃまぁまだ新人同様なのに不幸にも筆が早いゆえに
色々と他リード執筆を押し付けられ、かつ自分のリードでも
あちこちのパッセからつつかれれば……そりゃ……爆発もするでしょう(汗)。


でも、Iの後半はやはり辛かったですね……。
撤退しなかったのはもうひたすらPCへの愛情と責任。


そんなIの八回。私的にはやはり、蓮雅が前フリもなく
一気に潰されたのが納得いきませんでした。
理屈はわかるんだけど、やり方がどうよと。テラーに対して。


うちのPC的には何やってたかな……あぁ、セティはザジ側に引導を渡しに、
ルナは完全覚醒して魔族の王な彼を説得にいったんでした。
あまりにも記憶が曖昧で、アクト日記を見返しました(汗)。


セティとしては、初めて何かに対して燃えた回。
ルナとしては、ようやく自分の走る方向を定めた回。


セティは蓮雅が解体されたことにより大失敗。
ルナは……はははははははセティよりさらに役に立ってねー(苦笑)。


ルナは何をすべきなんですか、と言いたくなった回でしたね……
何か色んなものに振り回されてるなーというか
いいように使われてるなーというか。
八回に始まったことではないですが(遠い目)。

まぁそれを上手く活かせなかった私の技量不足なのですが。



しかし何よりも怒りを覚えたのはあのガチガチの役割分担。
うちのはいいんですなんでも。
でも、ほぼ参加PCさん全員の次回行動を固定するようなあのフリは……
今でもやはり嫌だなと思います……。

だって、そしたらアクトをかける意味って何?


それに真っ向から切り込みをかけたのがルナの第九回アクト。
もうとにかく何か特攻かけないと気がすまなくて。
あとは戦略的に考えても頭を潰すのは基本だろうということで、
魔族の王な彼に決闘をふっかけて見事華々しく返り討ちにあいましたとさw
ある意味すがすがしかったwww

まぁ言いたいことはテイルで叫べたので、ルナの結果は良し。
……九回で納得いかんかったのはやはりセティサイドの、
ザジが五王全員と癒着しとるという無謀なアレ(遠い目)。


ルナのアクトでテラーに喧嘩を売ったようなものだったのですが、
結果を見た瞬間はその喧嘩を売り返されたかと思いました(苦笑)。


でもアクトを出す間際には、前述のように納得もして反省もして。
あとは……最後の最後でようやくルナの一番悪いところが見えて、
Iでの葛藤や苦悩はそれが原因と判明。
で、それを直す方向で、どうにかラストアクトを提出出来ました。
ものすごく時間かかったというか、心境整理がなかなかつかなかったですが。


その結果が今日返るワケですね……。


まぁ、大々円であったというならば、それなりにケリはついたのかな。
ルナとして。旦那様がいて本当に良かったです。

つーか旦那様がいなかったら……破滅してたねルナ(苦笑)。
魔族の王側について戦って、最後はお月さまに昇ってたかも。
でもそうなってたら、ルナがルナじゃなくなってただろうな。



さて、果たしてルナは無事に幸せになれたんでしょうか。


スポンサーサイト
テイル感想,・アクト | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<感想書きたい……眠い……。 | HOME | ……寝ることにします。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |