Lunaria

ゲーム制作日記とキャラチップ素材公開。DLの際、報告代わりに拍手ボタンを押してくださると大変嬉しいです☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第八回Q1・中編!

前編からの続き。話題もそのまま続けてます!




元団長に手を貸してもらって起き上がるときに少しよそよそしかったのは……
笑い(笑)から立ち返るためと、単純に照れたのかなーとか。
そのあと二人して照れ隠しだのなんだの。
ゴニョゴニョ言ってるアスティが可愛いとか思った(爆)。

この娘ってクーデレだよねーとつくづく思う今日この頃。
ツンデレとか素直クールじゃないな。クーデレが一番しっくりくる。

そんなクーデレさんがアクトにつけた日記で乙女の妄想(笑)を呟いてみたら、
額へのお礼キスになりました(爆)。


日記では頬だったんですが、たぶん結構身長差があるんでしょうね。
でもアスティ163あるんだけどな……彼は190近いのかもしれない。

いやほら、もう八回だから、頬へのキスくらいかましてみようと。
でもそもそも救出にきてくれなかったら無理だったんで、
完全に妄想皮算用だったんですが……マジで出来るとは……。


某姉にこれらを話したらバカップルといわれ、
さらに「今回のテイル読んだひと砂吐いたんじゃないの」と(爆)。


…………えーと。もうカップルなんでしょうか、コレ。どうなんだ。
でも私も読んでて『バカップル』の単語が浮かんだ(笑)。

ともかく心配してくれて助けにきてくれたワケだし、えーと……
しかしここからどう動いていこうかしら……(悩)。
というかとりあえずどう考えればいいんでしょうか。
今までNPCおっかけは見事に鬼門だったので、上手くいってる場合の
勝手がわからなかったり(苦笑)。

……〆切までアスティと一緒に悩んでおきます。
幸せな悩みでよかったね、ホント(しみじみ)。


しかし、アルスの歌が目的とは別のところに働いたのには苦笑。
アルスのアクトはというと、『自作の歌を歌ってマリー姫の心を少しでも動かす』
というものでした。もうほぼ失敗だろうなと思いつつもどうしてもやりたかったので。

結果的にそれは皆の心を和ませるためーという形になり、
さらに元団長がアスティ救出に向かう拍車になったようで……(苦笑)。

テイルでは出ませんでしたが、日記に書いた歌詞は以下。



明るく可憐に咲き誇る君 そんな君を見つめる瞳にどうか気付いて
君が笑えば一緒に笑う 君が泣けばその涙をすくう
伸ばされている手がそこにあるのに
少し振り返ってみて その瞳受け止めてみて 君を真っ直ぐ見つめる瞳に




……拍車になってしかるべきだったかも。
歌の内容は応援する華族PCさんとマリー姫を思ってのものだったのですが
……これ、改めて見返すと確かにアスティと元団長にもあてはまるわ……。
全然気付かなかった……。

おまけにアスティ達って三つ子だし、アルスって声高いし、
アスティと声質似てると思うんですよね。
そんな声でこんな歌詞を歌われたら、そりゃまぁ良心の呵責とかが
起きて当然ですね(遠い目)。

姫と華族PCさんのことだけ考えて簡単に歌詞を書いたのですが。
これは全くの予想外。結果的にエリィとアルスで元団長にアスティ救出を
促したーみたいな形になってしまいました(苦笑)。
うわー自分凶悪ーオニー(汗)。


アルスからのプレゼントは、これまた日記に書きました☆
いや、男ならここらでプレゼントのひとつもしなさい!と(笑)。
今回はアクトや日記で意図的に色々と彼女を気にかけてます。

相手のパッセ様には内緒でこっそり書いてみました☆
どうせならテイルで驚かせたいな、と思ったので♪
気に入っていただけてれば良いのですが……。

あ、扉を蹴破る勢いで血相変えてやってきた図に、
もし父親になって妻が出産したとしたら、
おそらく全く同じ行動取るだろうなと思いました(笑)。

しかし……うちのアスティの身の安全のためも考えて姫との入れ替わり案を
実行してくださったので、そのせいで彼女が暴行を受けることになってしまい……
本当に本当に申し訳ない……(涙)。本当にすいません……(ぺこぺこ)。
もうアルスでよければなんでもいいつけてやって下さい(涙土下座)。


ラスト後編は、今後の予定考案もかねますー。


スポンサーサイト
テイル感想,・アクト | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第八回Q1・後編!(アクト予定込み) | HOME | 第八回Q1感想・前編!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。