Lunaria

ゲーム制作日記とキャラチップ素材公開。DLの際、報告代わりに拍手ボタンを押してくださると大変嬉しいです☆

第八回Q1感想・前編!

さて、軽くいってみましょう! 風呂へ入っていくらか回復しました☆
といって、せいぜいこのQの感想を書くのが関の山ですが……。
これはいいんだ、癒される作業だから。


今回もいくつかに分割します(苦笑)。
Qはどうしても長くなる……。






今回のアスティのアクトは、『お土産持ってさっさと帰るねー☆』
アクトだったわけですが、はい、その『お土産』とは教団教祖の身柄or首でした。
どうせここまで潜りこんだんだから、首謀者の首くらい上げる根性でGO!と。

……しかし……「ただいまーお土産持ってきたよー」とにっこり笑って出すのが
身柄だの生首だのって……なんちゅー女……いやまだ少女だけど……(汗)。
さすが軍人(苦笑)。血なまぐさいよ、今更ながら(汗)。

結果的に引きずり出したのは影武者で、情報を聞き出しただけに
終わりましたが……主な目的は情報で、身柄や首は出来ればーレベルで
書いてたので、とりあえず成功、かな?

西方の騎士PCさんの愉快な煙だまが私的にツボでした(笑)。
惚れ薬調合って……アスティの魅力で教団メロメロって……(爆笑)。

まぁそんなたいそうなことは出来ませんでしたが、
おかげで影武者引っ張り出して情報を得ることが出来ました。
ありがたや(なむなむ)。


そしてエリィはというと、そのアスティの救援&サポートアクト。
そのために元団長に救援依頼をしにいくという内容でした。が、
実のところこのアクトのきっかけは恋愛云々というより、
ぶっちゃけ男手が必要だったからだという真相(爆)。

出来れば教祖を生け捕りにしたい!と思ったんですよ。
しかしいくら魔導が使えても少女二人ではちょっと……と考えて、
不意に目にとまってしまったのが元団長だったという(笑)。

で、どうせ救援要請にいくなら、エリィなら絶対に姉の恋を応援して
恋愛方向に繋がるもっていき方をするだろうなぁ、ということで、
テイルのような形になりました。
アクトの都合と、エリィの性分から出た行動ですね。
もうマジでダメモトだったので、元団長がいない場合は首とって脱出、と
書いてありました。ダブルアクトだーすいませんーと思いつつ(苦笑)。


……しかし……それで本当に助けに来てくれるとは思わなかったよ元団長!!!


いや、来てくれたらそりゃもぅ感激だなーああ、心細いし来てくれないかな……
みたいな呟きはアスティもこぼしていましたけれど、よもや……!

最初で最後でしょうねー、NPCにちょっと頼ってみるアクトをかけたのも、
そしてそれが成功したのも。

成功の要因は、ぶっちゃけた話、他に誰も元団長関係でアクトを書いていなくて、
出番がなかったからじゃ……と思います……(苦笑)。
だって、今回見事にここだけですよ元団長の出番(爆)。

そして……やはりこのひとは天然というか……もうこれ愛するしかないよねって
くらい癒し系なヘタレさん(笑)。
どうあってもぴしっとキメられないらしい、このひと(苦笑)。


初めてカッコよく(爆)登場して救出にきてくれたのもつかの間、
敵対PCさん(現時点では敵)のえらい言われように「私は双子の弟だ(要約)」
と言いかけて恥ずかしそうに小声になっていく彼。

で、「切っていいか? 切って良いよな」とのダヤンダヤンPCさんの反応に
あっさり頭を下げるという……。そして見逃してもらって笑顔を見せる。


…………彼の登場時に胸をときめかせたアスティが、
必死で笑いをこらえながら内心でツッコミまくってる姿が容易に浮かんだ(爆笑)。
「恥ずかしいなら言うのやめなよ」とか、
「そこで怯んで頭を下げるのはどうなんだろう」とか、
「ってかそのめっさ安心したらしき笑顔はナニ」とか(笑)。


でもこういうひとだから惚れたんだよね。



話題はそのままに、次の記事へ移ります!


スポンサーサイト
テイル感想,・アクト | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第八回Q1・中編! | HOME | 途方にくれた昼過ぎ。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |